頭皮の状態を良くすることを考えると

最近では市販のシャンプーでもノンシリコンのシャンプーが増えてきたように思います。

ですが、いいシャンプーはそれ以上に凄いです

成分から違いますからね

どうせ洗うならいいシャンプーを使いたいと思うようになるはずです!

もう他のシャンプーは使えませんね。

私が使ってみたことのあるシャンプーの体験談を掲載します

ウーマシャンプー

リーブ21シャンプー

上記のシャンプーはどれも頭皮にとってかなり優しい作りになっているので、頭皮の臭いやかゆみ、湿疹などのトラブルをお持ちの方なら使ってみるときっと効果に驚き、そして喜ぶことでしょう。

詳細はこちらをどうぞ ⇒ 頭皮の臭い対策

もっと色んな意見を聞いてみよう!

頭皮に関する情報、シャンプーに関する情報を掲載しているサイトを集めました。

ここまでの調査結果としては、シャンプーの仕方、シャンプーの選定方法、頭皮ケアグッズの紹介といった「乾性フケの改善対策」について報告してきましたが、今回は「乾性フケの予防対策」について調査を纏めましたので、報告いたします。

頭皮の乾燥はシャンプーや頭皮ケアグッズだけではなく、食生活も見直してみると効果的です。さて、どのように見直したらいいのか。

それでは、まず肌に必要なビタミンについて説明していきます。

ビタミンA(レチノール)…肌の潤いをキープし新陳代謝を正常にしてくれる働きがあります。主に、レバー(鳥、豚、牛)などの肝系の食品、しそ、モロヘイヤ、人参に多く含まれています。

ビタミンB2…脂質の代謝を促進し、皮膚の再生に関与しています。主に、レバー(豚、牛、鳥)、うなぎ、納豆、卵に多く含まれます。あまり野菜には含まれていないようです。

ビタミンB6…脂質とタンパク質の代謝で、重要な働きをしています。主に、にんにく、まぐろ、かつおに多く含まれています。
ビタミンE…末梢血管を広げ血行を良くする働きがあります。主に、あんこうのキモ、すじこ、といった魚卵、モロヘイヤ、だいこんの葉、しそに多く含まれています。

これらのビタミンを取り入れた食事を週1回からでも心がければ、頭皮の乾燥は予防されるでしょう。

ただし、それ以外にも気を付けなければならないことはあります。

それは、飲酒です。適度な量を飲む分には血行を促進させ、頭皮の乾燥も改善されるでしょう。

ただし、飲みすぎてしまった場合、アセトアルデヒドの血中濃度が上昇し、そのアセトアルデヒドが体の中で悪さを働き、カテコールアミンという物質を体のある部分から遊離させます。

この「カテコールアミン」は体温や皮膚の温度を高める働きがあるため、遊離されることにより、皮膚の水分を蒸発させ乾燥を助長させるのです。

まとめとしては、肌に良い食事を週1回から実践し、お酒は花金に日本酒1合程度飲むことが良いということです。これで、頭皮の乾燥は予防できるでしょう。

頭皮同様体臭にも気をつけたいですね

気にしすぎかもしれませんが、自分の体臭がとっても気になります。

周りの人が自分のことを臭いと思ってないか?嫌われていないか?かなり気になって仕方がありません

自分ではきれいにしているつもりですが、そんなのって自分ではわかりません。本当に大丈夫なのか?

周りでも体臭のする人が少しいますが自分では気づいていないから対策もしていないのだろうし。

嫌われる原因No.1は…

どうしても、自分の体臭がないことを証明できるような状態になりたいです

体臭って、生理的に嫌われる臭いだけあって、一度臭いと思ってしまうと、次も臭うだろうと思ってしまいがちです。鼻に残るというより、脳に残るという感じといった方が分かりやすいでしょうか?

ですから、一度臭いと思われてしまうとそのイメージを払しょくするのはなかなか難しく、時間と機会が必要であるような気がしているのです。

管理者リンク

Copyright © 2013 頭皮に良いシャンプーを選ぶ基準について考えよう! All Rights Reserved.