満足するまで探してみませんか?

もしかするとあなたの頭皮の今後、毛髪の今後を左右する選択になるのかもしれません。シャンプー選びは慎重に行ってやり過ぎることはないのではないでしょうか。

まずは、シャンプーの仕方から、変えてみましょう。

頭髪からの臭いの時に書いたシャンプー方法です。これを、まず実践しましょう。

次は、生活習慣の改善です。

まず、睡眠をしっかり、取りましょう。寝ている間に、肌の新陳代謝は進み、肌を丈夫にしてくれます。

それから、食生活を見直しましょう。肌に良い栄養を取り入れた食事をし、肌の潤いと健康を保ってくれます。

肌に良い栄養素は、以下のようなものです。

ビタミンA(レチノール)・・・皮膚や粘膜を丈夫に保つ働きがあり、感染予防に効果があります。
→うなぎ、鳥レバー、緑黄色野菜に多く含まれています。脂溶性のため、油で炒めると吸収がよくなりますよ。

ビタミンB2…脂質の代謝を促進し、皮膚の再生に関与しています。
主に、豚レバー、納豆、卵に多く含まれます。

ビタミンB6…脂質とタンパク質の代謝で、重要な働きをしています。
主に、にんにく、まぐろ、かつおに多く含まれています。

ビタミンE…末梢血管を広げ血行を良くする働きがあります。血行を良くすることで、肌に栄養をどんどん行き渡らせることができます。
主に、あんこうのキモ、すじこ、といった魚卵、モロヘイヤ、だいこんの葉、しそに多く含まれています。

食べ物にも注意が必要です

あと、脂っこいものは適度に取るようにし、程良い量の脂質を摂取しましょう。

人間が1日に必要な脂質摂取量は、約40gと言われています(牛バラ肉100gで脂質が大体50gです。)

ちなみに、吉○家の牛丼並盛りの肉量が85gとしているそうで、単純計算で、脂質が42.5gとなるため、

あの一杯で大体、一日に必要な脂質を摂取することになってしまいます。

食生活の見直しは、僕のようなお肉大好き人間には、ストレスになるかもしれません・・・

そうそう、ストレスも頭皮にとっては良くないです。皮脂の分泌を過剰にしてしまいますからね。

自分に合ったストレス発散方法を見つけることも大事です。

とりあえず、ここまで書いたことを一つ一つ実践していって、頭皮の臭いを脱臭していきましょう。

TOPページへ

管理者リンク

Copyright ©2013 頭皮に良いシャンプーを選ぶ基準について考えよう! All Rights Reserved.